マイカーローンは借り入れ先が豊富にある

車のローンとして使われているマイカーローンは、借り入れ先が非常に多くあります。ディーラーで組むローンもマイカーローンに含めるのであれば、各販売店でのローン、代理店でのローン、銀行や信用金庫、信販会社のローンなど、それこそ数え切れないほどにあります。

 

 

銀行のマイカーローンとしてもメガバンクだけでなく地方銀行やネット銀行でもマイカーローンの提供をしているため、ローン利用時には数ある借り入れ先から選ぶ必要が出てきます。もちろんそれぞれのマイカーローンを見ていたのでは時間がいくらあっても足りませんので、人気のある評判の良いマイカーローンに絞って選ぶと良いです。

 

特に人気があるのが低金利のマイカーローンとなり、最近では中古車購入時も低金利でローンを組みたいと考える方が多いため、中古車に対応するマイカーローンも注目を集めています。

 

ネット銀行のタイプであれば中古車購入時も新車同様の低金利でマイカーローンが組めるので、ある程度の金額がする中古車をローンで買う場合には、詳しい情報をマイカーローン中古車比較で見ておくと良いでしょう。

 

マイカーローンは自分で選ぶ

マイカーローンをディーラーとは別のところで申込む人が増えてきています。その最も大きな理由は金利の低さです。ディーラーに勧められるローンは高金利で、支払総額では何十万円もの利息を払う羽目になります。自分でマイカーローンを選ぶ、たったこれだけで金利が大幅に下げられます。

 

マイカーローンは低金利なところが有利?

マイカーローンを自分で選ぶというのは、銀行や郵便局、保険会社などで探す方法で、ディーラーには他所で借りたお金を支払います。手続きの手間が増えてでもそうするのは、金利が低くなるからです。

 

しかし、マイカーローンを選ぶ時に、低金利であればよいとは限らない点には注意が必要です。確かに金利が低い方がかかる利息は少なくなります。しかし、マイカーローンでは単純な金利以外にも見るべきポイントがあります。

 

同じ金利だからと言って、支払総額が同じとは限りません。総合的に、かつ長期的に見極めて、損をしないマイカーローン選びのコツを掴みましょう。

 

金利にも色々ある

マイカーローンの中には、金利とは別に保証料がかかるものがあります。保証料が別途かかる場合、金利とは別に金利がかかります。また、金利の表現方法にはアドオン方式と実質年率方式があります。同じ金利でも、どちらの方式で出しているかによって倍くらいの違いがあります。少なくともこの2つのポイントを押さえておかないと、金利でお得なマイカーローンの比較はできません。

 

後々の返済を考える

同じ金利でも変動金利と固定金利があります。固定金利なら契約時の金利は変わりませんが、変動金利の場合には金利が上がったり下がったりするので注意が必要です。これからの時代、金利は上昇のリスクが高いのですが、変動金利の方が金利は低めに設定されています。

 

また、マイカーローンによっては繰り上げ返済できるものとできないものがあります。ここも重要なポイントです。繰り上げ返済では、お金に余裕がある時に、追加で大目に返済できます。

 

どこまで借りられるか

マイカーローンの中には、本体価格のみの借入れしかできないものもあります。他にかかるものとして、オプション代金などがありますが、これも含めて借入れ可能かどうかも調べておいた方がよいでしょう。中には免許取得の合宿費用も含めて貸出し可能なマイカーローンもあります。

 

そして、低金利だからと言って、自分に合ったマイカーローンとは限らない理由として、審査があります。金利が低い程審査も厳しくなるという点にも注意が必要です。

 

審査基準も含めてマイカーローンを選ぶとなると、なかなかにハードルも上がってきます。とは言え、安定した収入を得ている方なら問題なく低金利のマイカーローンも組めるようになっていますので、あまり難しく考えずに安いマイカーローンの比較を行うようにしてください。